看護師の求人で眼科が人気の理由と転職の注意点

看護師の求人で人気の眼科。眼科勤務のメリットとデメリット、転職者に求められるスキル。常勤と非常勤、日勤限定で夜勤ナシの職場、派遣を選択するメリットとデメリットなどを徹底検証します。地域別の眼科の最新求人募集情報や転職のコツもお伝えします。

看護師の求人で眼科が人気の理由と転職の注意点 > 看護師の求人で人気の眼科。地域別転職求人募集情報

看護師の求人で人気の眼科。眼科勤務のメリットとデメリット、転職者に求められるスキル。常勤と非常勤、日勤限定で夜勤ナシの職場、派遣を選択するメリットとデメリットなどを徹底検証します。地域別の眼科の最新求人募集情報や転職のコツもお伝えします。

看護師の求人で眼科に求められるスキルとは?


眼科は他の科に比べ肉体的・精神的に楽なので
看護師に人気の科ですが
繁盛する病院は、非常に忙しく、残業も多いので注意が必要です。

眼科への転職ポイント1
臨床経験は求められる

病院側が求めるのは、豊富な臨床経験です。
眼科での臨床経験がなくても、眼科専用の機材の使用方法は教われますが
基本的なスキルは教えている余裕がないというケースは多いので
臨床経験は必要と考えておいた方が良いでしょう。


眼科への転職ポイント2
コミュニケーション能力が問われる

視力を奪われるというのは患者本人だけでなく
家族も神経質になってしまいます。

特に目の手術後は、眼帯を巻かれるなど視力を奪われますから
不安な状態の患者に寄り添い、その不安を解消できるよう
温かい接し方ができるかどうか、この点を重視する病院が多いです。


眼科への転職ポイント3
クリニックは忙しいところが多い

街中のクリニックは手術や夜勤がありませんが
繁盛している病院は、曜日を問わず忙しいと思っていた方が良いでしょう。
繁盛している病院の常として、長時間待たされイライラしている
患者さんへの対応力も求められます。

眼科への転職に強く、地域限定オススメ求人サイト

ナースフル
 

リクルートが運営する看護師に特化した転職支援サービス。全国を網羅した一般サイトには絶対掲載されない「優良な非公開求人」がたくさんあります。コンサルタントも優秀なので、安心して自分に合った求人を探せます。



 
【地域限定】お祝い金の出る看護師の募集情報

看護プロ
 

もしも、あなたのお住まいが首都圏・東海地方ならば、看護プロへの登録を強くお勧めします。10万円のお祝い金に加え、病院別にリアルな内部情報が入手できるからなのです。(※詳細は下記に記載してあります)


もしも、あなたのお住まいが首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)東海(愛知、静岡)ならば、看護プロへの登録をお勧めします。

理由は2つあります。

その2つの理由とは・・・


【お祝い金】

入職6ヶ月後に、日勤常勤5万円夜勤ありの常勤で10万円を支給。

通常、転職すると、最初のボーナスが出ないことが一般的です。

しかしローンがある看護師さんも多いので、これはとても嬉しいサポートです。


【詳しい内部情報】

転職をしたら、そこでサポートが終了する転職サポート会社がほとんどですが、看護プロはお祝い金の支給にあたり、入職3ヶ月目、6か月目に、アンケートを実施しています。
そのアンケート結果で、病院内部のリアルな実情が明確に分かります。

病院の担当者は、面談時に「良い面」しか伝えませんが、看護プロの担当者は、知りうる内部情報をすべて教えてくれたうえで、転職をサポートしているので、入社後のギャップが少ないのが特徴です。

実際に私は看護プロで、35歳の時に未経験の眼科へ転職しましたが、業務内容や職場の人間関係、使用する機材が、事前に看護プロの担当者から聞いていた話とほとんど同じだったので、とてもスムーズに職場になじめました。

これはほかの転職サイトと大きく違っていた部分です。


【転職お祝い金10万円】 看護師転職サイト 『看護プロ』


しかし、看護プロがサポートしている地域は
首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨)東海(愛知、静岡)に限定されてしまうので、その点だけはご注意ください。

もし、あなたが東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・愛知・静岡にお住まいで、転職を希望される方なら、一番最初に登録していただきたい転職サイトです。
 

眼科で働く看護師のメリットとデメリット


【眼科で働く看護師のメリット】

肉体的にも精神的にも楽でストレスが少ない眼科は、総合病院を除けば入院施設がないクリニックが多いので、夜勤がない勤務先が多く、ご家庭をお持ちだったり、子育て中の看護師さんにオススメの科です。

しかし、雇用形態が正規雇用でなかったりパートのケースも多く、繁盛している病院では残業も多いので、雇用形態にこだわらない方や、残業手当がつく病院を探すなど、あなたのライフスタイルや必要な給与との折り合いを見極める点が、看護師の求人で眼科を選ぶポイントになります。


命に関わる精神的プレッシャーが少ない

眼科で働く看護師のメリットは、生死に関わるような患者さんがほとんどいないので、命を預かるといった精神的なプレッシャーが少ないことです。看護師が行う処置は医師の指示によるものなので、救急やICUのようにその場で判断して行動しないと命の危険があるようなケースはほとんどありません。


夜勤が少なくパートもOK

眼科はクリニックでの勤務が多く、夜勤がなかったりパート勤務が可能な点もメリットのひとつ。家庭や子育てとの両立がしやすい科目です。眼科は専用の機器を扱うことも多いので、眼科経験があると別の眼科への転職が有利になる場合もあります。
 

感謝され、やりがいもある

目の痛みや目が見えないという恐怖が解決した時の感動は、眼科ならでは。そういった経験をした患者さんが、担当の看護師さんに感謝するケースが多く、それが他の科目に比べ看護師へのやりがいにつながっているのです。


【眼科に転職する看護師のデメリット】


給与が安くなる可能性アリ

クリニックなどの小規模な眼科に看護師が転職する場合、どうしても給料が低くなりがちです。入院施設のない小さなクリニックは夜勤がないので、夜勤手当はないものと割り切る以外にありませんし、そもそも正社員で看護師を採用していない眼科もたくさんあります。


総合病院では、希望を出しても配属される保証がない

総合病院での眼科勤務であれば、給与はそれほど安くはありませんが、夜勤はあります。
また綜合病院内では、眼科は楽なイメージのあるため、希望者が多いので、希望を出しても配属されるとは限りません。
 

看護スキルは低下する可能性が高い

眼科での看護業務は専門性が高く、特殊な機器の操作を覚えれば、通常の看護処置についてはあまり行われないケースが多くなるため、看護スキルが低下する可能性は十分あります。普段から技術が低下しないよう研修を受けるなどの努力を続けていないと、眼科勤務の後に一般病棟などに配属されたときに困ることがあるかもしれません。

これは、採用する側からすると、眼科で長年看護師を続けた方の場合、、一般病棟や他の科での勤務が難しいのではという目で見られるリスクも含んでいます。
 

眼科への転職を希望するあなたへ


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

私は現在37歳の眼科で働く看護師です。

肉体的にも精神的にも楽でストレスが少ない眼科は、総合病院を除けば入院施設も夜勤もないクリニックが多いため、ご家庭をお持ちだったり、子育て中の看護師さんにオススメの科です。

私の転職回数は4回。

全て転職サイトを使っての転職でしたが、年齢が上がるごとに、また未経験の科目に転職する場合は特に「転職サイトの担当者がキモになる」と感じています。

特に重要なのが、事前に教えてもらえる職場の雰囲気や、勤務先が求めているスキルや人物像

私の場合、人見知りしてしまう性格なのと、医療機器の取り扱いをマスターするのに時間がかかるタイプなので、どんな人がいるどんな雰囲気の職場なのか?使用する機材の状況を事前に知った上で面接に臨めることが、とても重要でした。

そういう意味でも、面接で直接聞きにくい金銭面に関する疑問を事前に交渉してくれたり、職場の雰囲気、使用する機器のリサーチしてくれたナースフル看護プロを使っての転職は、納得がいくものでした。

ここまでお付き合いいただいたあなたが、環境の良い職場で働くことができるよう、心よりお祈り申し上げます。


【転職お祝い金10万円】 看護師転職サイト 『看護プロ』


お祝い金は、ほんとにうれしいですよ\(^O^)/ 
 

長文をお読みいただき、ありがとうございました!